飛騨高山

 今日は高山市内の観光で、ホテルで自転車を借りて回りました。まずは高山陣屋へ。陣屋前では朝市をやっていました。

20170504_051.jpg

 江戸幕府は、飛騨を幕府が直接支配する幕府直轄領とし、幕府支配の出張所として役所を置きましたが、これがのちに陣屋と呼ばれるようになりました。幕末には全国に60数か所あったといわれている郡代・代官所の中で、当時の主要建物が残っているのはこの高山陣屋だけだそうです。

20170504_006.jpg

20170504_012.jpg

 陣屋は広く、業務を行う御役所と住居部分である役宅に別れています。

20170504_020.jpg

 御役所と御用場です。

20170504_017.jpg

 住居部分の御居間です。2年前に将棋の名人戦が行われたそうです。

20170504_031.jpg

 お米を貯蔵した御蔵です。中にはいろいろな資料が展示されていました。

20170504_014.jpg

 飛騨国分寺です。もとは奈良時代に建てられた国分寺ですが、当時の建造物は現存しておらず、境内に礎石が残るだけです。左手には樹齢1200年を超える大イチョウ、右手には飛騨地方唯一の三重塔が見えます。イチョウの手前にあるのは高山城から移されたといわれる鐘楼門です。

20170504_056.jpg

 本堂は鎌倉時代の再建だそうです。

20170504_061.jpg

20170504_059.jpg

 山桜神社は街中にある小さな神社ですが参拝者が絶えません。

 山桜というのは江戸時代に実在した馬の名で、高山城城主金森頼直の愛馬です。明暦の大火の際に、高山藩の江戸屋敷が火に包まれた中、山桜は金森頼直を救ったといいます。山桜は高山に厩舎をあてがわれ、その厩舎跡が山桜神社です。

20170504_065.jpg

 境内には馬の絵がたくさんあり、山桜神社は馬頭さまと呼ばれています。鎮火・火の用心・家内安全などにご利益があるそうです。

20170504_069.jpg

 飛騨総社です。飛騨国にある18社の総社だそうです。

20170504_072.jpg

 飛騨総社は今日、明日が例大祭です。千人行列や獅子舞などがあるそうです。境内ではお祭の準備をしていました。

20170504_075.jpg

 この写真でははっきり見えませんが、本殿内ではお祭前の神事が行われていました。

20170504_081.jpg

 桜山八幡宮です。高山祭は春秋の2回行われますが、それぞれ別の神社の例祭です。桜山八幡宮は秋の「八幡祭(10月9・10日)」を行う神社です。

20170504_088.jpg

20170504_096.jpg

 桜山八幡宮の境内には高山祭屋台会館があります。

20170504_099.jpg

 秋の高山祭で使われる山車が4台展示されていました。

20170504_101.jpg

20170504_123.jpg

 隣には桜山日光館があり、ここは高山祭屋台会館の入場券で入ることができます。

20170504_127.jpg

 日光東照宮のすべての建造物が1/10大の模型で再現されています。大正時代に宮大工が15年かけて作ったそうです。照明が暗いのですが、その精緻で高度な技術には何か執念のようなものも感じました。

20170504_130.jpg

20170504_135.jpg

 近くには飛騨高山獅子会館からくりミュージアムがあります。

20170504_141.jpg

 ここでは伝統的なからくり人形5種類を実演しています。棒からくりの牛若丸と弁慶。

20170504_154.jpg

 放れからくりの角兵衛獅子。

20170504_166.jpg

 糸からくりの大黒様の獅子舞。

20170504_175.jpg

 座敷からくりの茶運び人形。

20170504_204.jpg

 文字書き人形の恵比寿文字書き。

20170504_197.jpg

 台の中から棒を使って腕を動かしています。この時は書き損じてしまい、紙を取り替えて書き直しました。ご愛敬です。

20170504_191.jpg

 日下部民藝館です。日下部家は幕府の御用商人として栄えた商家だそうですが、この建物は明治時代に再建されたものです。

20170504_226.jpg

 中には昔の民具や生活用品などが展示されていました。

20170504_241.jpg

 高山別院は戦国時代、白川郷の照蓮寺が金森長近の命で高山へ移転したそうです。浄土真宗ですが御朱印がありました。

20170504_246.jpg

20170504_248.jpg

 市営の飛騨高山まちの博物館です。古い倉を移築して内部を博物館にしています。飛騨高山の成り立ちや文化、美術などがいろいろな展示によって解説されています。

20170504_251.jpg

20170504_254.jpg

 円空仏も展示されていますが、白山神社の思惟菩薩像は白山神社に戻っていて、白山神社手前の土蔵で御輿と一緒に展示されていました。この御輿は明日の例祭で使われるそうです。

20170504_256.jpg

20170504_257.jpg

 その白山神社です。高山市内で最も古い神社だそうです。

20170504_260.jpg

20170504_272.jpg

 この後は高山市内の寺社をいくつか回りました。白山神社近くの雲龍寺です。本能寺の変で戦死した金森長近の長男、長則の菩提寺です。

20170504_268.jpg

20170504_263.jpg

 素玄寺は初代高山城主金森長近の菩提寺として、二代目の金森可重が建立しました。

20170504_277.jpg

20170504_279.jpg

 宗猷寺です。三代目、金森重頼・重勝の兄弟が、父である2代目の金森可重の菩提を弔うために建立しました。

20170504_281.jpg

20170504_283.jpg

 飛騨護国神社です。

20170504_287.jpg

20170504_289.jpg

 高山城跡へ向かうと照蓮寺です。白川郷から高山城二の丸跡に移されたもので、浄土真宗の寺院では日本最古の建物だそうです。

20170504_291.jpg

20170504_292.jpg

 広大な高山城跡を回って南へ行くと日枝神社があります。飛騨守平時輔が三仏寺城の近くに創建しましたが、金森長近が高山城主となり、高山城の鎮護神とし現在地へ移転したそうです。日枝神社は山王様とも呼ばれ、春の高山祭「山王祭(4月14・15日)」は日枝神社の例祭です。

20170504_298.jpg

20170504_300.jpg

 飛騨天満宮です。

20170504_307.jpg

 飛騨東照宮は三代目金森重頼が高山城の城内に祀ってあった徳川家康公を現在地に遷座し創建したそうです。神仏習合の時代は東照宮祭神の本地仏である薬師如来が祀られ松泰寺とも呼ばれたそうです。東照宮だけでなく、松泰寺の御朱印もありました。

20170504_314.jpg

20170504_319.jpg

 1日炎天下で自転車に乗って焼けてしまいました。夜は囲炉裏でお酒をいただきました。暑かったのでビールがおいしいです。

20170504_342.jpg
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 飛騨高山 高山陣屋 高山祭 桜山八幡宮

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kパパ

Author:Kパパ
ドライブ、旅行、車、バイク、美術館めぐりなど、日々のちょっとしたことを備忘録的に書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR