西伊豆2日目

 今日は朝からいい天気です。外を見ると瀬浜海岸と三四郎島の間にうっすらと筋が見えます。まもなくトンボロが始まります。

20170428_005.jpg

 その前に天窓洞めぐりの遊覧船に乗りました。

20170428_014.jpg

 平日の朝なので他にお客はなく、カミさんと2人で貸し切り状態でした。

20170428_018.jpg

 この付近は凝灰岩でもろいため、海蝕によってトンネル状に穴が開いています。

20170428_026.jpg

20170428_030.jpg

 三四郎島と瀬浜海岸です。

20170428_047.jpg

 天窓洞の入口が見えてきました。

20170428_040.jpg

 船は岩と岩の隙間を通ります。波が高く揺れるので、今にも岩にぶつかりそうです。

20170428_051.jpg

 天窓洞の入口です。

20170428_056.jpg

 船は岩に開いた洞窟を進んで行きます。

20170428_057.jpg

 と、上から光が差してきました。

20170428_061.jpg

 天窓洞です。

20170428_062.jpg

20170428_064.jpg

 柔らかな凝灰岩が海蝕によって削られ、洞窟となっています。入口は東、南、西とあり、船は南口から入りました。洞窟の中央の天井が崩落したため、陽の光が入り、このような光景を形作っています。晴れてよかったです。ちょっと神秘的ですね。

20170428_069.jpg

 船は東口まで行き、Uターンして戻ります。この東口は遊覧船乗り場の近くです。20分ほどの乗船でしたが、なかなか楽しめました。

20170428_072.jpg

20170428_074.jpg

 天窓洞は遊覧船乗り場から遊歩道で行くことができます。

20170428_092.jpg

 天窓洞を上から見たところです。南口からの光が見えます。

20170428_099.jpg

20170428_096.jpg

 東口に行ってみました。ちょうど次の船が来たところでした。この時、遊覧船乗り場からアナウンスが聞こえました。波が高くなってきたので遊覧船の運航を中止するそうです。私たちが乗った時もかなりの波でしたが、風が強くなってきたのでしょう。乗れてよかったです。

20170428_104.jpg

 遊覧船乗り場の近くには小さな薬師堂がありました。

20170428_107.jpg

 お堂の中には薬師如来、阿弥陀如来、釈迦如来の木造の坐像が安置されています。いずれも鎌倉時代の製作だそうです。こういう古いものが、長い年月にわたって、地域の人びとの力で守り伝えられてきたということはすごいことですね。

20170428_109.jpg

 さて、瀬浜海岸へ行ったらご覧の通りです。海の向こうの三四郎島まで陸続きになっています。もう歩いている人たちがいますね。下は昨日夕方、ほぼ同じ場所から撮った写真です。ぜんぜん違います。

20170428_150.jpg

20170427_296.jpg

 今日は大潮なので砂州の幅は30メートルくらいありそうです。砂州とはいっても、実際には大小の石が中心です。海岸の形と島までの間隔が絶妙なため、両側から押し寄せる波によって砂や石が運ばれて砂州が形成されたのでしょう。

 三四郎島までは200メートルくらいでしょうか。トンボロの中央付近の石はすでに乾いているので歩きやすいのですが、中央から外れると濡れていたり藻がついていて滑りやすいので注意が必要です。ちなみに三四郎島は、伝兵衛島(象島)・中ノ島・沖ノ瀬島・高島からなる4つの島の総称で、見る角度により3つに見えたり、4つに見えたりすることから三四郎島と呼ばれています。一番手前の島が象島です。

20170428_152.jpg

 象島から見た瀬浜海岸です。

20170428_160.jpg

 大潮なので象島と中ノ島も陸続きになっています。こちらはトンボロのように石が積もってつながっているのではなく、島を形成している岩そのものが露出してつながっています。いたるところの潮だまりができていました。

20170428_164.jpg

 トンボロの端は潮だまりになっていて、ヤドカリ・カニ・ヒトデ・イソギンチャクなどがいました。

20170428_170.jpg

 堂ヶ島のはずれには東福寺、別名五百羅漢寺があります。

20170428_113.jpg

 拝観をお願いすると、お寺の方が本堂を案内し、いろいろ解説してくれました。この本堂の天井には中央に八方にらみの龍が描かれています。その龍をとりまくよう四方に五百羅漢があります。

20170428_117.jpg

 この龍と五百羅漢は大正時代に、信心篤い檀家の方からの寄進で、通称のん兵衛安さんという漆喰職人によって作られたそうです。五百羅漢はすべて立体的な造形で、中にはユーモラスなものもありました。正面を向く位置の中央には、これらを寄進した方が五百羅漢の1人として手を合わせています。亡くなった奥さんを供養するために、常に拝んでいたい、という願いからだそうです。

 五百羅漢は漆喰で作られた立体的な像なので、今となっては天井から外して補修したりすることができないそうです。そのため、一部の像では表面の漆喰が剥がれたり、色落ちしたりしていました。幸いにして、今までの地震では一度も五百羅漢が落ちたことはなかったそうです。

 昨日は天気が良くなかったので行かなかった浮島海岸と黄金崎に寄りました。浮島海岸は小さな海岸ですが、夏は海水浴やダイビングで賑わうそうです。

20170428_148.jpg

20170428_143.jpg

 黄金崎です。西伊豆の夕日鑑賞スポットのひとつとして有名です。案内板によると、三島由紀夫は船上から見た黄金崎を、「平滑な一枚の黄金の板のやうに見える」と表現したそうです。

20170428_120.jpg

 この岩肌に夕日が当たると黄金のように見えるそうです。昼も絶景です。

20170428_131.jpg

 雲の上に冨士の山頂が見えていました。

20170428_133.jpg

 今日は御殿場に泊まるのですが、その前に三島へ行きました。以前も参拝しましたが、三島に来たのでまずは三嶋大社です。

20170428_176.jpg

 三嶋大社は創建時期ははっきりしていませんが、奈良・平安時代の文書にも記録が残る古い神社です。三嶋神は東海随一の神格とされ、社名・神名の三嶋は地名になっています。

20170428_189.jpg

 伊豆国分寺です。国分寺というのは、奈良時代に聖武天皇の命により国ごとに造られた寺院です。当時の寺院が残っているわけではなく、この伊豆国分寺はその後に建てられた日蓮宗のお寺です。

20170428_197.jpg

 昭和31(1956)年の発掘調査により、寺域は2町4方と推定され、僧坊・講堂・金堂・中門・南門の遺構が確認されたそうです。塔跡の基壇・礎石8個がこの伊豆国分寺の本堂裏に遺構として残り、国の史跡に指定されています。

20170428_201.jpg

 玉澤妙法華寺です。

20170428_213.jpg

 境内には徳川家康の側室で、水戸光圀の祖母にあたるお万の植えた桜が残っています。

20170428_210.jpg

20170428_211.jpg

 三島スカイウォークです。スカイウォークは2015年12月にできた、観光目的の歩行者用吊り橋です。主塔間長400メートルで、それまで最長であった大分の「九重”夢”大吊橋」を抜いて日本最長だそうです。

20170428_217.jpg

20170428_223.jpg

 高さは70メートルあるそうですが、山の中腹にあるのでそれほどの高さを感じません。渓谷にかかっている九重夢大吊橋の高さ173メートルはかなりの迫力でした。

20170428_258.jpg

 山の向こうに三島市街と駿河湾が見えます。富士山はかすんでいてきれいには見えませんでした。

20170428_230.jpg

 橋の中央部です。九重夢大吊橋はこの部分に橋の中央との案内がありました。

20170428_234.jpg

 橋を渡り切った反対側です。九重夢大吊橋は両端が道路に接続していてどちら側からも出入りできますが、スカイウォークは一般客はこちら側からは出入りできません。

20170428_246.jpg

 こんなのを売っていました。グレープフルーツの果肉をそのまま機械でくりぬいてジュースにして飲むのです。

20170428_264.jpg

 さっそくカミさんが買っています。

20170428_268.jpg

 スカイウォークの少し先には山中城跡があります。スカイウォークは観光客がたくさんいましたが、山中城跡に来る人はあまりいません。

20170428_272.jpg

 山中城は戦国時代に北条氏によって築かれた山城で、土塁と堀で構成されており、石垣と水堀がないことが特徴だそうです。これは西の丸から見た障子堀です。

20170428_284.jpg

 こちらは畝堀です。

20170428_277.jpg

 この後、御殿場へ向かいました。三国峠です。ここでも富士山は雲に隠れて山頂は見えませんでした。

20170428_291.jpg

 今日はマースガーデンウッド御殿場です。部屋からは夕日にシルエットが浮かび上がる富士山が見えました。

20170428_292.jpg

 夜は鉄板焼きを堪能しました。

20170428_309.jpg

20170428_314.jpg

 レストランからは中庭の噴水も見えました。きれいです。

20170428_319.jpg
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : トンボロ 三四郎島 天窓洞 三嶋大社 伊豆国分寺 三島スカイウォーク 山中城跡

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kパパ

Author:Kパパ
ドライブ、旅行、車、バイク、美術館めぐりなど、日々のちょっとしたことを備忘録的に書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR