埼玉・栃木・群馬 三県境

 以前、渡良瀬遊水池にバイクで行った時は、近くに埼玉・栃木・群馬の三県境があることを知らずそこまで行きませんでした。2016年3月に三県境の位置が正式に確定したというニュースを聞き、そのうち行ってみようと思っていましたが、今日は午後時間があったのでバイクで行ってきました。

 三県境は国内に40か所以上あるそうですが、そのほとんどは山の中や川の中にあり、このように簡単に行ける平地にあるのは珍しいとのことです。

20170405_001.jpg

 道路脇の歩道に案内板があります。近くには駐車場もありました。三県境は道路からすぐのところにあります。2人の先客がいるところで、右手奥には道の駅きたかわべの建物が見えます。車で来た場合は道の駅から歩いた方がいいかもしれません。先客お2人は道の駅の方へ歩いて行きました。

20170405_002.jpg

 三県境に近づいたところです。左側にY字型に水路があり、その中心にコンクリート製の杭があります。これが三県境です。私が立っているのは栃木県側で、左下が埼玉県、その上が群馬県になります。栃木県側の地権者の方は三県境の宣伝に力を入れているそうで、自分の土地に案内板やベンチを設置しています。

 右奥に見える道の駅は、この写真からは群馬県側ないしは栃木県側に見えますが、実は埼玉県です。この付近は県境が複雑に入り組んでいて、埼玉と栃木の間に群馬が入り込むような形になっているのです。

20170405_003.jpg

20170405_004.jpg

 丸い方の案内板です。もともとは渡良瀬川と谷田川が合流する地点だったのですが、河川改修工事や渡良瀬遊水池の造成、圃場整備を経て現在の形になったそうです。

20170405_006.jpg

 三県境の杭です。杭には金属製のプレートが貼られていて、「三県境界」の文字と埼玉県加須市、栃木県栃木市、群馬県板倉町の自治体名と経緯度が刻まれていました。この杭とプレートは2016年3月に三県境が正式に確定した際に設置されたそうです。

20170405_008.jpg

20170405_010.jpg

 こういう場所が簡単に見れるというのは面白いですね。
関連記事

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : 埼玉・栃木・群馬 三県境

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kパパ

Author:Kパパ
ドライブ、旅行、車、バイク、美術館めぐりなど、日々のちょっとしたことを備忘録的に書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR