ダリ展

 国立新美術館で開催されているダリ展をカミさんと見てきました。国立新美術館のダリの展示室に向かったらこの行列です。40分待ち、と掲示されていました。入口付近の混雑を避けるためなのでしょう。時間を区切って十数名くらいずつ入れていました。生誕100周年の時もそうでしたが、ダリは人気がありますね。

20161119_001.jpg

20161119_002.jpg

 スペインのガラ=サルバドール・ダリ財団、国立ソフィア王妃藝術センター、アメリカのサルバドール・ダリ美術館などの協力を得て、ダリの初期から晩年に及ぶ約250点もの作品が展示されています。

 初期の作品ではダリが過ごしたカダケスの漁村の風景などの作品が展示されていました。王立美術アカデミーの頃にはキュビズムなどの影響を受けた作品を描いています。ダリのこういう作品はあまり見る機会がなかったのでちょっと新鮮でした。しかし、やはりダリというとシュールレアリズム的作品ですね。鮮やかな色彩で描かれたダリの絵はいくら見ていても飽きることがありません。

 絵画だけでなく、彫刻、宝飾品、舞台衣装や装置、映画製作などダリの多彩な才能を知ることができます。映画は3か所で上映されていました。3か所目ではヒッチコックの「白い恐怖」からダリの関わった部分の抜粋とディズニーとのコラボによる「Destino」が交互に上映されていました。

 Destinoは1945年に計画されましたが、戦争やディズニーの経営難で中断されたそうです。近年になってプロジェクトが再開し、2003年に完成しました。ダリのシュールな絵が変化をしながら動く、というのは、ダリ好きにとってはたまりませんね。人物の表情や動きはいかにもディズニーらしいのですが。6分ほどの作品なので2回も見てしまいました。映像はインターネットでも見ることができますが、日本でもDVDを販売してくれないかな。
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ダリ展 Destino

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kパパ

Author:Kパパ
ドライブ、旅行、車、バイク、美術館めぐりなど、日々のちょっとしたことを備忘録的に書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR