驚きの明治工藝展

 上野の東京藝術大学美術館で開催されている「驚きの明治工藝展」をカミさんと見てきました。

20161029_003.jpg

 江戸時代に金工、漆工、陶磁器などは大名や公家などの後ろ盾によって驚くべき発達を遂げましたが、明治に入って工人たちはその技術を海外向けの輸出製品に発揮するようになりました。そのため、明治期に作られた工芸品の多くは現在も海外にあります。

 本展では台湾における日本工芸の最も大規模なコレクターといわれる宋培安氏の3000点にも及ぶコレクションの中から130点以上もの秀作が公開されています。一部の作品を除いてほとんどの作品は写真撮影が許可されていました。

 入口には巨大な自在龍が天井から吊されていて来場者を圧倒します。

20161029_006.jpg

 自在置物が20点以上も展示されていました。

20161029_012.jpg

20161029_040.jpg

20161029_041.jpg

 自在は金属製ですが各所が動くように作られています。可動部が見えるようにした部品も展示されていました。

20161029_047.jpg

 牛などの角で作られた塩鮭や蝉です。まるで本物のようです。

20161029_049.jpg

 宮川香山の作品もいくつも展示されていました。蝉が今にも飛んでいきそうです。

20161029_061.jpg

20161029_062.jpg

 根付もいくつも展示されていました。

20161029_095.jpg

 ビロードに友禅染を施したビロード友禅です。これも大変な技術です。これは日光東照宮です。

20161029_105.jpg

 以前、三井記念美術館でも明治の工芸作品の展示がありましたが、これら驚くべき技巧の作品を見ると、その技術が失われてしまったのではないか、と残念に思えます。

関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 驚きの明治工藝展

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kパパ

Author:Kパパ
ドライブ、旅行、車、バイク、美術館めぐりなど、日々のちょっとしたことを備忘録的に書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR