FC2ブログ

イチローズモルト秩父・ちびダル

 イチローズモルトの秩父が届きました。今回の秩父はアメリカンオークのクオーターカスクで熟成された物です。クオーターカスクは小さいので「ちびダル」と呼ばれているそうです。ボトルのラベルにも「CHIBI DARU」と記載されています。2013年の樽詰めなので5年の熟成ですが、その年数以上の熟成感があるそうです。週末に飲むのが楽しみです。

20180919_001.jpg
関連記事

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

tag : イチローズモルト 秩父 ちびダル

箱根

 昨日今日と一泊でカミさんと箱根に行ってきました。何回も行ったことのある箱根ですが、いつもは自分の運転で車です。たまにはロマンスカーに乗ってゆっくりと回ることにしました。

 昨日の午後、新宿駅です。少し早く出て、ロマンスカーに乗るまでホームにあるロマンスカーカフェでビールを飲みました。目の前でロマンスカーの発着が見えます。

20180915_001.jpg

20180915_004.jpg

20180915_005.jpg

 私たちの乗る列車が到着しました。今年運行を開始したばかりのGSE70000です。

20180915_007.jpg

20180915_010.jpg

 もちろん乗るのは先頭車両の展望席です。ロマンスカーに乗るのはしばらくぶりですが、こういう席に座るのは楽しいですね。

20180915_012.jpg

20180915_014.jpg

 新型車両なので揺れも少なく快適な乗り心地です。景色を眺めながら飲むビール、おいしいですね。小田原城が見えました。

20180915_018.jpg

20180915_019.jpg

 小田原を過ぎてふと後ろを見たら誰も乗っていません。完全な貸し切り状態でした。

20180915_022.jpg

 箱根湯本に到着です。

20180915_041.jpg

20180915_046.jpg

 小雨が降っていたのでタクシーでホテルへ直行しました。星野リゾート・界です。雨が降っているので外の写真は撮れませんでした。ロビーには箱根細工が飾られています。

20180915_047.jpg

20180915_052.jpg

 こちらが私たちが泊まった部屋です。落ち着いた感じでリラックスできます。

20180915_055.jpg

 夕食は牛鍋をメインとした会席です。

20180915_072.jpg

 先付け、八寸、造り、酢の物、椀物、焼物、蓋物、台物、食事、甘味と型どおりです。八寸、造り、酢の物は一つにまとめて盛られていました。寄せ木細工の箱の中は造りです。見た目もきれいでした。

20180915_078.jpg

 こちらが台物、明治の牛鍋です。味噌仕立てでした。

20180915_086.jpg

 お酒は錫の器で供されます。器の重さが心地よいですね。

20180915_081.jpg

 料理はおいしく、お酒もたくさん飲んだのでお腹いっぱいです。デザートは黒蜜ムースと栗甘露煮、チーズのムースの2種類から選べました。

20180915_090.jpg

20180915_091.jpg

 夕食後はロビーラウンジで寄せ木のリース作りがあり、カミさんは作りにいきました。私は部屋でビールです。カミさんが作ってきたリースです。

20180916_289.jpg

 今日の朝食です。朝食もおいしくいただけました。

20180916_001.jpg

20180916_005.jpg

 今日は登山電車、ケーブルカー、ロープウェイ、海賊船と箱根の定番の乗り物に乗りました。まずはタクシーで箱根湯本駅へ。

20180916_020.jpg

 強羅行きの登山電車です。標高96メートルの湯本から541メートルの強羅まで登って行きます。途中スイッチバックが3か所あり、そのつど運転手と車掌が交代していました。

20180916_021.jpg

 彫刻の森で降りて彫刻の森美術館へ行きました。幸いもう雨は上がっています。

20180916_036.jpg

 何回も来ていますが、今回もゆっくりと鑑賞しました。以前来た時から展示物は少し入れ替えられているようです。

20180916_065.jpg

20180916_083.jpg

 バスで小涌園へ行き、お昼は貴賓館で蕎麦にしました。

20180916_120.jpg

 藤田観光創業者の藤田平太郎男爵の別邸を改装したお店です。中には絵画が展示された芸術蔵があります。

20180916_124.jpg

20180916_127.jpg

 雨で濡れた庭がきれいです。

20180916_129.jpg

 おそばやかき揚げも美味しかったです。

20180916_134.jpg

20180916_133.jpg

 お腹がいっぱいになったところでバスで強羅駅へ行きました。強羅駅にはバス専用のターンテーブルがあるんですね。

20180916_139.jpg

 ケーブルカーで早雲山へ。途中で反対側から来るケーブルカーとすれ違います。

20180916_152.jpg

 早雲山からロープウェイで大涌谷へ。霧がすごいです。

20180916_157.jpg

 大涌谷が見えてきました。霧は晴れています。

20180916_160.jpg

 大涌谷駅周辺は建物も改築されてきれいになっていました。

20180916_166.jpg

20180916_190.jpg

 名物、黒たまご。お店は黒たまごを買う人で大行列でした。以前は黒たまごを抱いたキティちゃんがいたのですがどこにもいませんでした。

20180916_173.jpg

 以前は玉子茶屋まで遊歩道を歩いて行き、黒たまごを買いましたが、2015年の火山活動の活発化以降、遊歩道は立ち入り禁止になっています。現在、遊歩道にはシェルターの建設が進んでいます。

20180916_187.jpg

 再度ロープウェイに乗って桃源台へ。桃源台からは海賊船で元箱根に向かいます。

20180916_205.jpg

 混んでいるので特別船室にしました。一般船室側のデッキはご覧の通りですが、特別船室は空いていました。

20180916_213.jpg

 別の海賊船とすれ違いました。

20180916_217.jpg

 箱根神社の鳥居が見えてきました。

20180916_240.jpg

 元箱根に到着です。

20180916_248.jpg

 箱根神社まで歩きました。歩くとけっこう距離がありますね。

20180916_259.jpg

20180916_261.jpg

 最後は元箱根からバスに乗って箱根湯本駅へ戻りました。もう夕方です。

20180916_270.jpg

 帰りのロマンスカーはVSE50000です。

20180916_273.jpg

 この車両にはサルーンという個室があります。

20180916_284.jpg

 サルーンはテーブルも広く、弁当をつまみにビールを飲むのも快適です。これはカミさんが買ったGSE弁当です。行きに乗ったGSEの形の容器にお弁当が入っています。子供向けなので内容はそれなりですが、食べ物はラップでくるまれていて、容器を汚さずに食べられるので持ち帰りも楽です。持ち帰り用の袋もついていました。

20180916_285.jpg

20180916_286.jpg

 いつもはもっぱら車ですが、たまには電車やバスの旅もいいですね。

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : ロマンスカー 箱根 星野リゾート界 彫刻の森 蕎麦貴賓館 大涌谷 芦ノ湖 海賊船 箱根神社

新潟

 昨夜仕事が終わってからカミさんとEワゴンで湯沢に来ました。今日は日帰りで新潟へ行き、主に神社巡りをしてきました。

 三社神社です。延享3年(1746年)、信濃川に現れた中州を開拓するため、開拓の安全と成功を祈願して伊勢神宮を勧請して建立されたそうです。その後、何回か社号が変わりましたが、明時以降は三社神社と呼ばれています。今日はお祭で幟がたくさん立っていました。

20180901_005.jpg

20180901_010.jpg

 玄的の青蛙です。江戸時代に安倍玄的が開拓を始めて以降、たびたび水害にあってきましたが、その中で青蛙たちが生きている姿に村人たちは力を得て、自らを「玄的の青蛙」と呼んで村を再建したそうです。

20180901_014.jpg

 左側には小さな青蛙がたくさん奉納されていました。カエルの背中に「玄的」と書かれています。

20180901_017.jpg

 三社神社の御朱印は月替わりだそうですが、今日はお祭専用の御朱印で、9月1日の日付の入ったお神輿の大きな朱印が中央に押されていました。カミさんは大喜びです。

 西厩島町の金刀比羅通りにある金刀比羅神社です。船玉神を祀る海運守護の神社で、北前船が活躍した頃、船問屋や船主たちが海上安全を祈願して持ち船の模型を奉納したそうです。今年は新潟開港150周年なんですね。

20180901_018.jpg

20180901_023.jpg

 湊稲荷神社です。この神社も船乗りたちの信仰を集めていたところです。御神木におみくじが無数に結びつけられていました。

20180901_043.jpg

 この神社には願かけの高麗犬があります。かつて花柳街の遊女たちが、遊びに来た船乗りたちが港を出て行けないように、船を足止めする西風が吹くように高麗犬の頭を西に向けて願かけしたそうです。現在の高麗犬は台座を中心に回るようになっています。左右一対の高麗犬で、左が女性用、右が男性用だそうです。写真、高麗犬の向きが変わっているのが分かるでしょうか。インターネット上には日本唯一と書かれた記事もありますが、5月に行った長崎の諏訪神社にもありましたし、他にもあるかもしれませんね。

20180901_046.jpg

20180901_047.jpg

 こちらは寄合町にある金刀比羅神社です。由緒によると、江戸時代に新潟で廻船問屋を営む弥五左ェ門(やござえもん)は、讃岐の国の金刀比羅様を厚く信仰し、自らの持ち船にはその護摩札を守り神として納めていました。弥五左ェ門の息子が乗った白山丸が大坂から新潟へ戻る途中で難破しそうになった時に金刀比羅様に救われました。弥五左ェ門は金刀比羅神社を建立し、その子孫が代々宮司を務めているそうです。御朱印はその由緒を図案化したものだそうです。

20180901_051.jpg

 開運稲荷神社です。もともとは長岡藩の米蔵の守り神として祀られたそうです。現在でも商業、漁業、海運、倉庫業などに従事する人から篤く信仰されています。

20180901_057.jpg

20180901_062.jpg

 新潟大神宮です。今までまわってきた神社と違い、明治の初めに政策的に造られた神社です。

20180901_063.jpg

20180901_065.jpg

 作家坂口安吾の生家が近く、境内には碑があります。

20180901_066.jpg

 白山神社近くにある古町神明宮・船江大神宮です。古町神明宮は天正19年(1591年)に上杉家から土地の寄進を得て創建された神社だそうです。船江神社は延喜式の式内社で新潟で最も古い神社とされています。両社は安政5年(1858年)に社殿を再建した際に合祀されたそうです。

20180901_083.jpg

20180901_086.jpg

 境内には平成25年に建立された白鳥神社があります。創建時からアルビレックス関係のスポーツチームの必勝祈願をしているそうです。

 サッカーのアルビレックス新潟と野球の独立リーグ所属の新潟アルビレックスBCの選手たちが奉納した絵馬がありました。(向かって左がサッカー、右が野球です。)

20180901_088.jpg

 白山神社は以前参拝しましたので、近くにある燕喜館へ行ってみました。

20180901_067.jpg

20180901_069.jpg

 明治から昭和にかけて活躍した豪商、齋藤喜十郎氏の邸宅の一部で、接客に使われていた「燕喜館」と呼ばれる部分を白山公園に移築して公開しています。

 玄関を入って左手に奥座敷があります。3つの広間からなり、天井は高く開放的ですが格調の高い座敷です。

20180901_071.jpg

 奥座敷の先は齋藤の当主の居室があり、その先に前座敷があります。

20180901_074.jpg

 建物の一番奥に式台があります。本来はこちらが正式な玄関ですが、特別な行事以外には使われなかったそうです。古い建物ではよくあることですね。

20180901_080.jpg

 玄関の間にかかる「燕喜館」の扁額です。

20180901_079.jpg

 本来であれば、式台・玄関の間から入って、前座敷、居室、奥座敷とつながっているのですが、見学コースは逆になっています。

 午後は新潟の市街地から離れた金津にある中野邸記念館へ行きました。明治の末に新潟で商業規模の油田の採掘に成功した中野貫一、忠太郎の親子二代が築造した邸宅と庭園です。邸宅は近郊の棟梁の手によるもので、明治の代表的木造建築であり、庭園は全国の銘木、名石を集めて、40年という年月をかけて築庭されたそうです。当時の失業対策としてあえて長い年月をかけて工事を行い、近隣の人びとに仕事の場を提供し続けたといいます。

 記念館は冬の豪雪で被害を受けたそうで改修工事を行っていましたが、本日から公開が再開されました。

20180901_122.jpg

 入ると右手に蔵が建ち並び、左手に邸宅本館があります。蔵では良寛の書画の展示がありました。

20180901_128.jpg

 木々もきれいです。

20180901_136.jpg

 本館の玄関です。こちらから入って見学できます。

20180901_139.jpg

 中野家も正式な大玄関がありますが、特別な時以外は使用されなかったそうです。

20180901_189.jpg

 内部は広いのですが、順路に沿ってカーペットが敷かれているので迷うことはありません。一階にある応接間です。

20180901_144.jpg

 こちらもお客を接待するのに使った和室です。

20180901_151.jpg

 二階にある来客用の部屋です。

20180901_161.jpg

 二階の隅には子供の勉強部屋がありました。

20180901_172.jpg

 一階にある女中部屋です。

20180901_175.jpg

 左上の障子が開いている部屋が寝室です。このハシゴで部屋に上がり、ハシゴは部屋の中に引き上げて寝たそうです。若い女性だけでなく、男衆も10人以上住み込みで働いていたのでトラブル防止のための工夫だそうです。

20180901_178.jpg

 西郷隆盛の書もありました。

20180901_187.jpg

 本館だけでもかなりの広さですが、往時は廊下でつながった建坪500坪の新館もあったそうです。新館の写真が展示されていましたが、一緒に写っている人間と比べるとその巨大さに圧倒されました。

 お昼はカーブドッチワイナリーへ行ってきました。ガーデンレストランです。

20180901_101.jpg

20180901_103.jpg

 窓からはブドウ畑が見えます。

20180901_116.jpg

20180901_105.jpg

 カミさんはさっそくスパークリングワインを注文。私は運転するので飲めません。

20180901_108.jpg

 ランチのコースで黒毛牛サガリのステーキをいただきました。カミさんは赤ワインです。

20180901_112.jpg

 デザートもおいしかったです。

20180901_114.jpg

 レストランの地下には広いワイン貯蔵庫があります。

20180901_120.jpg

 ショップでワインを買ってきました。

20180901_121.jpg

20180901_203.jpg

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 三社神社 金刀比羅神社 湊稲荷神社 開運稲荷神社 新潟大神宮 古町神明宮 船江大神宮 燕喜館 中野邸記念館 カーブドッチワイナリー

プロフィール

Kパパ

Author:Kパパ
ドライブ、旅行、車、バイク、美術館めぐりなど、日々のちょっとしたことを備忘録的に書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR